ジミ顔でも大丈夫!ほり深ハーフ顔メイク

突然ですが、みなさんのお顔立ちははっきりしていますでしょうか。私はいわゆる平たい顔俗です。眉と目の間にくぼみなどまったくありません。鼻は低くはありませんが、目は小さいです。いわゆるアーモンドアイでもありません。眉毛も薄く、唇の血色も良くないです。すっぴんの顔を見ると、自分の不健康な顔立ちに悲しくなってきます。どれだけかわいらしい服を着たところで、平たい顔の貧相な表情ではアンバランスというものです。私は顔の地味さに長年悩んできましたが、メイク方法を創意工夫することで多少はカバーすることができました。その方法が以下になります。

(1)ハイライトとシャドーを活用する。

最も重要と言ってもいいのが、ハイライトとシャドウです。この二つをいかに効果的に組み合わせるかによって、顔立ちの派手地味が信じられないほど変わってきます。具体的には、ハイライトは「Tゾーン、鼻、あごの先、目じり」に塗ります。ベタベタに塗りたくる必要はありません。ブラシで軽くひとはけする程度で十分です。ライトが当たるとハイライトを塗った部分が明るく写り、その部分が突き出たように見えます。そしてシャドウは「鼻の脇、眉毛の下、頬の脇」に塗ります。頬の脇というのは、具体的にはチークの横です。チークと重ならない場所なので、こめかみと口角を結ぶラインに軽くダークブラウンのシャドウをはたきます。鼻の脇、眉毛の下も同様です。こうすることで、光が当たった時にその部分が暗く見えます。ハーフ顔メイクのキモはとにかく「顔の凸凹を際立たせる」ことなので、目や鼻、頬の強調したい部分にしっかりとハイライトとシャドウを塗りこむことは非常に重要です。

(2)リップメイクはしっかりと。

ハーフ顔メイクには血色豊かなリップが必須です。昨今では赤リップが流行していますが、日本人の肌色におすすめしたいのは青みピンクです。唇全体に塗りたくるのではなく、唇の中央部や、輪郭をふちどるようにだけリップを塗っておくと、自然に血色がにじみ出てくる色っぽい唇に見えますよ。
以上の点を留意しながら是非ハーフ顔メイクに取り組んでみてください。”